バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

バイアクラで究極の快感は得られない

バイアクラで究極の快感は得られない体験談

特定の感覚受容器が刺激されて起こる痛みや暑さのような感覚と、快感と言うも歯次元が根本的に違います。

 

特定できない様々な感覚の需要期に、血管や神経、ホルモン、脳と言った心理的な要因までも総動員して起こる複合感覚なのです。ペニスは快感を得る際の一部にしか過ぎないのです。

 

よく「バイアクラで勃起はしたけれども、快感は少なかった」という男性の話を聞きますが、それは当然のことなのです。もともとバイアクラそのものが、下半身だけに効く薬なのですから。

 

自分が性感を高めるための努力を何も行わないで、ただバイアクラを飲むだけで気持ちよくなりたいと思うのは、人間として傲慢だと考えます。

 

挿入するかしないかなんて、セックスにおいては二の次です。直接的な挿入しか考えなかったら、射精の快感くらいはありますが、終わった後にむなしさしか残らないのです。

 

性と言うのはパートナーの女性と二人で協力し合って、お互いに手探りで追及していく快楽の世界だということを、もう一度考え直してほしいです。

 

もちろん女性自身も、あなた自身もその二人の快楽のためにバイアクラが必要だと考えるのなら、どんどん使っていっても構わないと思います。ここで言う快楽とは射精の先にある快楽のことなのですから。