バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

男性にとっての勃起とは

男性にとっての勃起

男性にとって、ペニスが勃起するということは、オーバーな言い方かもしれませんが、男性が男としてあることの証だとも言える現象です。

 

愛する女性と肌を接したり、あるいはエロチックな想像をしたり、アダルトビデオなどの性的刺激を受けたりすると、男性のペニスは大きく硬くなります。

 

また、朝目を覚ました時に隆々と勃起したペニスに「よし、今日も元気だ」と気持ちが明るくなり、胸を張りたくなるような気分は、男性であれば誰しもが経験することです。

 

もちろん、こうした現象は、短時間のことで、1日のうちほとんどの時間、ペニスはその存在を主張することなく、排尿機関の一部としての役割を地道に果たしつつ、いざ今こそ、という時に勃起したペニスはただ単に性欲を充足させるだけではなく、男性の自己主張の象徴として征服欲、支配欲を満たし、えも言われぬ、達成感をもたらす原動力となるのです。

 

所が勃起と言うペニスの変化は、様々な原因でいとも簡単に不完全で、意のままにならない状態になるのです。

 

心配事や不安、人間関係のストレス、怪我や病気、様々な薬物、そして加齢。原因は何であれ、充分な勃起が得られない、あるいは勃起しても、それが持続せず満足のいくセックスができないとき(これを勃起不全Erectile dysfunction 略してEDといいます。)大多数の男性は焦り、自信を失い、無性に寂しくなる。これからなお、男性として生きていくべき自分の根幹が崩れてしまったような、大きな喪失感を味わいます。

 

こうなると男性は、様々な反応をします。全く気に留めない、これまでの人生を振り返りつつ、いよいよ来たかと覚悟を決める人、あるいは「ダメになった」と友達に言って回り、同士を探す人、かと思うと、誰にも内緒でひたすら強精剤を追い求める人、客に仕事や趣味に集中吸うことでかわそうとする人。

 

受け止め方は十人十色かもしれませんが、望まざる変化であることは間違いなく、機能回復すなわち勃起の復活を願わない男性はいないのです。「夢よ、もう一度」どころではないのです。

 

あからさまにいえることではりませんが、男性の人生の一大転換期を迎えているのです。男性は勃起してなんぼです。ペニスが勃起しない限りセックスは絶対にできないのです。

 

当然何とかしようとする、何とかしようといろいろ努力はするのですが、なぜかこそこそと、人目を避けるようにして行われることが多い。

 

いや、むしろ誰にも知られずに復活することに男としての誇りや体面を保ち続けるという意義があるのかもしれません。何しろ男として、人には言えぬ名誉がかかっているのですから。

 

強壮・強精をうたった薬のような食品や、たとえいかがわしいものであっても必ず売れる理由がここにあるのです。しかし、これらのものが果たしてどれほど有効かは、言わずもがなです。

 

あれこれためした挙句に、どうにもならないとわかっても、専門医の門をたたく人は少ないようです。もっとも、最近までは専門の泌尿器科でさえ、決め手となる回答を求め、あれこれと苦闘してきたのが実情です。

 

しかし、近年の医学の進歩は当然のことながら、ペニスの構造や、機能においても例外ではありません。勃起のメカニズムについても多くの新しい知見が得られ、それと同時に男性を絶たせる選択肢も増えてきています。

 

中でもバイアクラの登場は画期的と言えるもので、その使用法の簡便さ、高い有効性は、今までに類を見ないものです。ただし、使用法を誤るとその代償は大きく時として生命の危険にさらされることになりかねない。

 

すでに多くのマスコミや週刊誌で、バイアクラについて取り上げられていますが、効果が強調されるあまり、興味本位に傾いたり、逆に副作用の面ばかりをことさらに指摘する報道が目立ちます。

 

バイアクラがどのようにしてペニスを奮い立たせるのか、そして、恐ろしいと言われる副作用とはどのようなものなのか、なぜ、どういった人にあらわるのかを知る必要があります。

 

またバイアクラが効かない少数の人や、バイアクラの服用が禁止されているような人のために、オプションとして知っておいてほしいほかの治療法があることも知ってもらいたいです。