バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

外傷によるED(勃起不全)

外傷によるED

怪我などでもED(勃起不全)に陥ることがあります。例えば交通事故やダイビング事故などによって脊髄が損傷されると、ペニスに性的に興奮を伝える神経が損傷を受けたり切断されたりして、ED(勃起不全)を起こすことがあります。

 

このほかにも鼠径部の外相によっても、ペニスの神経や動静脈が損なわれることがあります。こうした外傷はスポーツ選手や交通事故によるものが多いです。
一部の専門家によれば、長年自転車に乗っているだけでも(時にサドルが繊細な血管や神経を圧迫することが原因で)ED(勃起不全)になる場合があるのだといいます。

 

だが外傷性のED(勃起不全)で最も一般的なのが、初期の前立腺がんに対して行われる放射性療法や外科手術によるものです。

 

こうしたケースはアメリカだけでも毎年20万人以上にも上ります。その大半が中年以降と人たちです。手術で多いのは根治的菜前立腺全摘出手術で、手術によって神経や血管が切断されることが良くあるために、およそ40%がED(勃起不全)になります。神経を保存する新しいタイプの全摘出術は、根治的な治療に比べてED(勃起不全)にならずに済む割合が高い。
それでも最近行われたある研究では、放射線療法よりも手術の方がED(勃起不全)になりやすいという結果が出ています

 

損傷した神経を修復することは、ほぼ不可能ですが、血管の場合は再生術(ほかの部位から動脈あるいは静脈を移植することがある)によって血流障害が改善される可能性がある。

 

特に若い人の場合はそうです。アメリカ被美用機学会が出している勃起不全の臨床指針では、再生術は静脈の機能が正常で陰茎動脈が障害されている若い人に有効な選択肢とされています