バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

器質性と機能性の勃起障害

勃起障害

勃起障害を診療するうえで、最も大事なことは勃起障害が、器質的原因によるものか、機能的要因によるものかを鑑別することです。

 

言い換えれば、血管系や神経系、内分泌系などの肉体的な障害を原因とする勃起障害であるのか、そういった肉体的側面には異常がなく、精神的要因によっておこっているのかを区別することがまず第一歩であるのです。

 

そのために様々検査法が考案されています。最も重視されることは患者さんの訴えを詳細に聞くことに尽きるのです。

 

こういう問題について、微に入り細を穿つような効き方をされれば嫌がる患者さんもいます。しかし、そこは我慢してもらわなければならない。勃起障害がどういうタイプで、どの程度のものなのかを正確に把握することからペニスの復活への道は開かれるのです。

 

また医師と患者の信頼関係を築くことも大切なことなのです。

 

診察には次のようないくつかの基本的な質問項目があります。

 

いつから症状が出たのか
何か思い当たる原因があるのか
(例えば、病気になったとか、何かの薬を飲みだしてからとか、夫婦毛原価がなかったか、仕事で行き詰っているようなことはないかどうか)
性的刺激に全く反応しないのか
ある程度ペニスが大きくなってからも十分に硬くならないのか
普通に勃起するが、すぐにそれが萎えてしまうのか
マスターベーションはできるか
早朝勃起・朝立ちはあるか
性的関心・性欲はあるか

 

だどの点はどうしても知らねばならないことです。

 

また、できる限り、患者のセックスパートナーの女性からも話を聞くのが望ましいです。患者の悩みが単なる思い込みであったり、問題点が別であったりすることが少なくないからです。