バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

バイアクラ登場までの歴史

バイアクラ登場までの歴史

ある勃起不全の治療に関する手引書の中で、古代から20世紀まで西洋社会の勃起不全の理解と対応の歴史を手繰り、正常に機能する男性機能への現行の関心が明らかになりました。

 

バイアクラ登場前に20世紀まで世界で広く使われていた男性機能不全治療薬は「スペインバエ」と呼ばれるものでした。牡蠣・岩塩・サイの角などでした。欧米における勃起障害の討論に大きな二つのテーマが存在していました。

 

最初は勃起不全には心因的要因が勃起不全の原因として切り離して考えられていました。その証拠にインポテンツは1952年に心因性の要素が原因だと発表されました。

 

その後、臨床研究では生理的結果を重視してはいましたが、もともと心理的因果関係があると信じられていたので、セックス障害の治療に行動療法を用いていました。

 

性機能障害の歴史は、見落とされがちな重要な意味合いがあります。女性が性機能障害の苦しみの大半に耐えていたのです。要するに男性のインポテンツは不感症の妻の落ち度であるとされていました。

 

それ以前に、性に関する泌尿器科医が不感症という言葉を作ったとされています。その研究委によると「女性が性的に冷淡だと男性の性的能力が刺激されないので、責められるべき」という言葉を残している。

 

それ以外にもアメリカ人女性の半数、特に文化水準の高い女性は不感症の可能性が高いと断言しました。

 

インポテンツの男性がセックスしたいのにできないとみなされる一方で、不感症の女性は全く性欲が無い、セックスにひいては夫に背を向けているというのです。

 

50年代までのアメリカ人女性4人に3人が不感症だとみなすようになったのです。その議に何十年にもわたり、社会現象など数々の出来事が続き、60年代に初の経口避妊薬が利用できるようになり、男性に性的不能と非難が、ようやく男性自身に向けられるようになったのです。そんな時に登場したのがバイアクラだったのです。