バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

個人輸入 医薬品は違法?

個人輸入の医薬品は違法ではない

海外から医薬品を取り寄せることのできる個人輸入は違法なのでしょうか?

 

よくテレビの報道で脱法ハーブや覚せい剤の密輸などを耳にします。

 

これらと医薬品を個人輸入することとの違いは何なのでしょうか?

 

個人輸入について説明すると、厚生省では個人輸入のことを「一般の個人が自分で使用するために医薬品を輸入すること」とあります。

 

海外に渡航した時に、自分の荷物として持ち帰ることも個人輸入に含まれます。

 

もちろん、税関などでの荷物のチェックはあります。個人輸入が認められていることから、荷物に医薬品が含まれていても、成分に問題がなければ認められるのです。

 

個人輸入できる成分には条件があります。それは、その成分が海外で医薬品として承認されていて、輸出することが認められているもの。そのうえで、日本が持ち込むことを認めているもの。です。

 

そのために、たとえ海外では症状を改善するには有効だとされていても、日本国内に持ち込むことが認められていない成分なら、これは違法になります。

 

個人輸入で違法になるかどうかは、その成分がどのようなものかによるのです。

 

脱法ハーブや覚せい剤はもともとが、医薬品ではないために、個人輸入とは大きくかけ離れていますね。