バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

バイアクラが効かない

多くの勃起不全患者の希望となっているバイアグラですが、実は中には効かない人もいます。臨床試験の結果でも、効果のあったのは7割程度になっています。
そのために、バイアグラを服用しても、残りの3割の男性には効果がないことになるのです。

 

バイアグラを製造しているファイザー社でも、バイアグラが効かない人の条件として、怪我や手術の後遺症などで、勃起のシステム自体が破壊されてしまった人には効果がないことを表記しています。

 

効果がある人は、車で例えると、走ることができるのだが、ガソリンの供給ができない状態を指します。勃起機能は正常なのだが、血流がうまく性器に流れ込まない人に限りバイアグラは効果を発揮してくれるのです。

 

そほかにも精神的にバイアグラに対して恐怖を持っている人にも効果がないことがわかっています。体のあらゆる機能は脳によってコントロールされています。そのためにバイアグラに対して恐怖心を持っている場合には、服用しても成分が体に働きかける以上に、脳がストップをかけてしまうと効果がないのです。

 

これは、表面的な意識以外でも起こることがあるので、自身ではバイアグラについて何ら思うところはないのだとしても、起こることがあります。

 

もちろんそれ以外にもバイアグラが体質的に合わないという方にも効果が表れることはありません。