バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

性障害の様々な原因に効果があるバイアクラ

バイアクラの効果に対する意見

バイアクラの販売元であるファイザー社の新入社員が学ぶことは「性機能障害は病気」だということです。

 

ファイザー社でのマニュアルでは性機能障害の原因を精神的なものとしていることは間違いだと忠告しています。さらに、1970年代までは性機能障害の90%は心因性で、10%が器質性とみなされているモは間違いで、本当は心因性が30%、器質性が70%と言うのが医学的な見解だということになっています。

 

このような情報が正しい理論だということを、ファイザー社はバイアクラ販売のための手段として取ってきました。今でもこの論調は正しいとされていますが、実際にはデータは流動的で、最新のデータではどのような結果が出るかはわかりません。

 

バイアクラのセールスマンが医学的事実を文化的常識として人々に植え付けたという見方もできなくはありません。

 

今日の性機能障害の解決策として倍グラはとても重宝されています。インポテンツを器質性障害とする主張が主流です。その多くがファイザー社製薬の優勝の研究者やコンサルタントをしている開業医が、インポテンツについての主流の討論を牛耳っているからです。

 

バイアクラによる多額の利益が、バイアクラを精査する人々に還元され、その情報がどうしても一方的になっている感じがするのです。

 

21世紀に入り、医学の進歩が発達し、性機能障害は心理的、感情的、相関的、社会的要因によるものとされています。バイアクラはその環境の変化から、器質的原因による勃起不全だけでなく、心因性が原因の勃起不全にも効果があるとファイザー社は言っています。