バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

勃起はどのようにして起こるのか

勃起はどのようにして起こるのか

不老長寿の秘薬を求めて世界中に家臣を遣わした中国の王のごとく、永遠に若々しく、元気でありたいというのは、有史以来の人類の願望です。男性にとってこの若々しさ、元気の象徴的黄なものは性機能の維持、すなわち勃起することといってもいいでしょう。

 

では、いったいペニスはどのようにして勃起し、それが維持され、そして最後にまたもとの状態にも乗るのでしょうか?勃起のメカニズムについては、近年、多くの新しい発見があり、その全容が明らかにされようとしています。

 

ペニスの構造について

ペニスは一見、1本の棒状をしていますが、実は3本の棒を束ねたような構造になっています。あたかも、3本の矢のたとえのごとく、勃起したペニスは、硬く、折れにくい構造をしています。そしてそれが膣への挿入を可能死しているのです。

 

3本の棒状のものは海綿体と呼ばれています。背側に位置する23本は、陰茎海綿体、そしてその下面に位置するのが尿道海綿体です。尿道海綿体は、中央に尿道が通っていて、ペニスの先端部では、キノコのかさのように膨らみ、陰茎亀頭となっています。それぞれの海綿体は、白膜という強靭な膜で包まれていて勃起の発言や、ペニスの硬さを保つのに重要な役割を演じています。

 

尿道海綿体の白膜と、陰茎海綿体の白膜とはその硬さや、伸展性に違いがあります。尿道海綿体を包む白膜は、陰茎海綿体の白膜よりも薄くできていて、伸展性にも富んでいます。

 

この白膜の質の差がセックスをするときに重要な役割と果たしているのです。ペニスが勃起した時、尿道海綿体と、その延長部分である亀頭は、陰茎海綿体程には硬くならない。つまり、膣への挿入に必要なペニスの硬さは、主に陰茎海綿体が受け持ちます。

 

一方、性交中、適度な柔らかさによって女性に痛みを与えず、しかも自生の膣粘膜との接触をより密なものにして、セックスの快感を高める役割とになっているのが尿道位海綿体の亀頭なのです。実に絶尿のバランスをとって言えるといえます。

 

さて、海綿体そのものは、動脈と静脈の間にあって、小さな血管高が、平滑筋と弾性繊維で覆われて微小な穴を形成し、これが不規則に多数集まってできています。

 

勃起はここに血液が流れ込むことで起こりますが、この血液の供給する血管の走行についても説明します。

 

まず動脈系では、心臓を出て下腹部に向かって走行して着た腹部大動脈は、骨盤の入り口で二つに別れた後、菓子に向かう枝と、骨盤の底の方に向かう枝とに分岐します。

 

無い腸骨動脈からは、膀胱や、前立腺に向かう動脈が湧かれた後、内因部動脈という枝が出て、最後にやっとペニス向かう陰茎動脈となります。
そして、この陰茎動脈はさらに3対の分岐に別れてペニスに血液を供給します。陰茎海綿体白膜の上面を走行する陰茎背動脈、陰茎海綿体の中を走る陰茎真動脈、および、尿道海綿体内を走行する尿道球動脈です。

 

この3対の動脈のうち、勃起に関係するのは、陰茎背動脈と陰茎真動脈で、最も重要な役割を果たすのが真動脈です。真動脈から分かれた多数の枝は、白膜を貫いて、海綿体洞に注ぎます。この枝はペニスが勃起していないときはらせん状に屈曲しているため、ら行動脈とも言われています。海綿体内に流れ込む血液量を少しでも多くするために、らせん状になっているのだろうと想像されます。

 

静脈系は、動脈を通ってペニスに流れ込んできた血液のうち、亀頭や、海綿体からの血液は深部陰茎背静脈に戻ってきます。勃起に重要なことは、海綿体から血液を運ぶ静脈が、途中で白膜を斜めに貫通するようにそう走行していることです。

 

充分な勃起が維持されるには、その間、海綿体内に血液が充満していなければならないのですが、この車窓する静脈は、勃起によって近著した白膜に締め付けられるため、海綿体から血流が流れ出すのを防ぐ目的があります。斜めに走行するのは、白膜によって締め付けれられる距離を長くすることで、血液の流入をより有効に遮るためです。

 

ペニスの構造と血液の流れがわかったと思いますが、まだこれだけでは、ペニスのハードの面が整備されただけで、勃起したペニスの晴れ姿を拝むことはできない。勃起するための絶妙な構造を持ったペニスをフルに生かすソフト、すなわち神経系のネットワークが不可欠となります。