バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

ペニスの神経支配

ペニスの神経

ペニスにもほかの臓器と同じく、交感神経と副交感神経という、相反する作用をする2種吏の自律神経が分布しています。
勃起に重要な役割を果たすのは副交感神経系で仙骨部から脊髄を出て、骨盤神経を経て、海綿体神経となって、ペニスに分布しています。

 

すでに良く知られているように、副交感神経は主に人がリラックスした時に活発に働く自律神経です。つまり、充分に満たされたセックスをするには、心地よくリラックスできる状況を準備することが必須であり、ペニスの勃起のためにもなくてはならないものです。

 

この副交感神経は週末部から、アセチルコリンやVIP(vasoactive intestinal polypeptide 血管作動性腸管ポリペプチド)そして一酸化窒素などの生理活性物質と言われる様々な物質が放出され、海綿体平滑筋が弛緩して勃起を引き起こします。

 

一酸化窒素は、陰茎海綿体平滑筋に存在するGTPを、サイクリックGMPと言う物質に変えるグアニル酸シクラーゼという酵素を活性化させます。

 

この酵素の働きで生じたcGMPが陰茎海綿体平滑筋を弛緩させ動脈血の流入、そして勃起をもたらすのです。

 

cGMPは、ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)という酵素で分解されその役割を終えるのですが、バイアクラは、このPDE5の働きを阻害することで、cGMPの量を増し、勃起の発言を助けるのです。

 

一方、交感神経は勃起の消退の主役となるもんで、副交感神経と同じく海綿体神経に含まれてペニスに分布しています。

 

勃起障害・EDの患者さんの中で最も多くみられるのは、仕事のことで悩んでいたり、夫婦仲が悪いとか、あるいは病気がきっかけでEDになったりといった、いわゆるストレスが原因となっていると思われる心因性のものです。ストレスは言うまでもなく、交感神経優位な状態を作り出し、勃起にもマイナスとなります。

 

セックスの最中に幼い子供が、寝室に闖入してきて、はっとした瞬間に勃起が萎えてしまった経験をされた方も多いと思います。誰にも邪魔されずにリラックスして、セックスを他のぢんでいる副交感神経優位の状態から、子供の現場に踏み込まれた緊張感から、交感神経優位に切り替わったが故に起こる現象です。

 

経験の少ない新婚カップルにみられることのあるハネムーンインポテンスというのも、緊張や不安で交感神経優位となって起こっているものです。

 

面白いことに男性の性的興奮・ペニスの勃起は、射精をもって終了し勃起状態も焼失しますが、最終段階である射精が、実は交感神経の働きによるものであることがわかっています。

 

副交感神経優位な状態で始まり、持続していくセックスのクライマックスが射精という交感神経支配の減少に切り替わることによって終わりを告げる。まさに精妙としか言い表すことができない現象です。

 

ところで、このような神経系の一連の家庭を作動させる最初のスイッチは、触覚などの体性感覚、視覚、嗅覚、聴覚などいわゆる五感によって入力されるのです。これらの性的刺激大脳辺緑系というところで、性的感情を生み出します。

 

性的情動の流れは返答核や海馬と称される新計画を出発点として、大きく3つの流れであると言われています。

 

1つ目は、大脳皮質のうしろ半分にある側頭、後頭、頭頂の連合野という部分に送られ、情動が認識される。

 

2つ目の流れは、視床下部と言われる部分へ行くもので、ここでは、固体保持や種族保持のための様々な働きの統制が行われていて、性行動や勃起に促進的に作用する神経線維もこの部分から出ていると考えられています。

 

3つ目の流れは、前頭葉や、運動連合野に至る流れで、意思と運動をつかさどる部分への伝達です。

 

以上のことをわかりやすく説明すれば、性的刺激に反応して生じた興奮は、セックスをしたいという欲求として認知され、本能の充足と快楽を求めてペニスを勃起させ、意思と決意と期待、そして時には一抹の不安を持って行動へと結実するということです。

 

ただ、性中枢によって支配されているこのような反応は、きわめて複雑で、まだまだ未解明な部分が多いのです。