バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

高齢者の性の問題

高齢者の性の問題

加齢と性機能、あるいは高齢者の性というテーマです。高齢化社会から超高齢化社会へと突き進んでいく現代。介護保険の実施は言うまでもなく、高齢者を取り巻く様々な問題がクローズアップされています。

 

こうした中、最近まであまり語られることがなく、無理路タブー視されてきた感があるのが、高齢者の性の問題です。実際に、泌尿器科医では性にまつわる問題が、想像以上に濃い影を落としていることがあります。泌尿器科で扱う疾患は、当然のことながら、男性の性機能に直接かかわるが愛が多いです。

 

例えば前立腺肥大症や前立腺がんなどでは、治療によっては性機能に深刻なダメージを与えてしまうことが少なくないのです。

 

これらのことを患者さんに説明した時の反応も、勃起が思うように任せなくなった時とほとんど同じです。特徴的で、そして、最も多くみられる態度は照れくさそうに「もう、歳なのでどうでもいいです」という答えをする人です。

 

自身の身体的機能、とりわけ男性としての象徴的なペニスの勃起と言う機能が失われていくことに対する無念さをにじませているのであるが、素直な形で表現されることが少ないです。問題が特に性機能、もっと直接的な表現をすると、勃起能力に関することであるがゆえに、なおさらこのような複雑な態度となって現れるのでしょう。

 

そしてその背景には、一方では高齢者自身が持つ制に関する意識の持ち方や、そのほか、いわゆる世間一般の「年寄の性」のありようについての通年のようなものが、否定的なもの、ネガティブなものとしてあるのです。

 

年寄というのはもはや現代社会から一歩距離を取った存在であり、性生活や、性欲とは無縁の人という先入観が広くいきわたっているようです。

 

歳より自身もその先入観の枠の中に収まろうとする。そうでないとむしろ恥ずかしいというような感覚があるのではないでしょうか?

 

しかし、現実はそうではないのです。70歳代、80歳代の老人でも勃起能力が維持され、そればかりか性生活を楽しんでいる人が少なくないのです。

 

あるアンケート調査では70歳代の男性でも月に1回以上のセックスをしているという事実が示されていました。性機能が保たれ、性生活が維持されるということが、実り豊かな人生の晩年に、彩を添える重要なファクターの一つであることを強調しておきたいです。バイアクラはパワーを失い、あきらめてしまった多くの老人を現役復帰させる効力を持っているのです

 

ただ、バイアクラの登場は、弾性だけでなく、実は女性の性にとっても極めて重大な問題を突き付けているように思われます。男性中心に形成されてきた今日までの日本社会では、性について語られる場合、興味本位の元であれ学術的なものであれ、そのほとんどが男性について、あるいは男性側からのもので、女性の性や性機能について語られるときは、妊娠能力に関連する問題として足カ扱われてこなかったのです。

 

加えて、男性の性機能については、ペニスの勃起と言う即物的で評価しやすい減少で把握されるが、女性にはこれと同等の性機能の評価基準になるようなわかりやすい現象が無いのも一つの要因かもしれません。

 

性欲や実際の性生活の変化も含めて、女性の性機能の加齢に伴う変化が、女性中心の観点から述べられるようになれば「性」全般について新しい視野が開けてくるでしょう。