バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】

男性ホルモン・テストステロンの役割

テストステロン

男性の性機能=男性ホルモンというのが通年ではないでしょうか?

 

実際、昔から、強壮効果が期待されて用いられてきたものには、精力=男性ホルモンという図式にのっとったかなり即物的なものが多く見受けられてきました。

 

代表的なものが、多数のメスを従えてハーレムを作る絶倫ぶりを発揮しているオットセイの精巣やペニスなどでしょう。こういう行動をとる動物の生殖器などには、男性を男としてふるまわせる力、今で言えば男性ホルモンの働きを直接的にイメージさせるような作用が期待されていたのではないでしょうか?

 

これは現代でも大きな差はないです。中高年になって精力の衰えの感じ出した男性のほとんどは、強壮剤なるものを試したみたことがあるはずです。元気回復をうたった手頃なドリンク剤から、勃起機能の回復、増強をアピールするものまで多種多様です。

 

中でも、強い動物の生殖器を原料にしたものや、男性ホルモンが配合されたものは、あたかも即効性があり、勃起を強くする赤のような宣伝文句が並んでいます。効果にもかかわらずよく売れているようなものもあります。確かに男性において、男性ホルモンは性的機能全体を支える大黒柱と言えるものです。

 

男性ホルモンは、男性が男として生まれ成長していく過程において、生の文化や性成熟、あるいは精子形成などをつかさどる主役として働きを担っている。

 

ところが、勃起を中心とした性行為そのものに関わる面ではどうかというと、主に性欲を支配しているだけで、直接、勃起力を強くし、長持ちさせるとかの作用は、これまで想像されてきた程派ではないというのが事実です。

 

ただし、最近の研究では、視床下部にある性中枢や、勃起に直接関与する泉水の副交感神経内にもとストステロンの受容体が発見され、男性ホルモンが、勃起に何らかの直接的な働きをしている可能性もあるかもしれないのです。

 

また、海綿体の中で、一酸化窒素の合成を誘導する酵素の活性が、テストステロンによって維持されているのではないかとも言われ、ますます男性ホルモンとペニスの勃起とのかかわりが注目されだしているのです。

 

男性ホルモンを補充することで勃起力が改善したり、強くなったりするかというとそうではなく。実際、加齢によって男性ホルモンレベルの低下した男性に、ホルモンを補充する治療法を行っても、勃起能力の改善は良好とはいえないのです。

 

その理由は、1つには、加齢に伴う勃起障害が、血管系や神経系などを含めた多種の要因であるものが挙げられる。

 

第2の理由が、一般にホルモンと言われる物質は、それを感受する受容体というものがあって初めて効果を発揮するものであり、男性ホルモンとて例外ではありません。

 

ところが、海綿体における男性ホルモンの受容体は、加齢ともに次第に減少して行くことが知られており、補充された男性ホルモンが十分に作用する場がないため、効力が発揮されないのではないかと考えられています。

 

一方男性ホルモンが正常値の成年ではどうかというと、この場合は体内にあるホルモンの量は十分に足りており、受容体はすでに法を状態となっているはずで、ここにさらに男性ホルモンを追加していっても有効には働かず、全くの無駄であるといえます。

 

このようにペニスの勃起と言う面だけに限って言えば、予想外に男性ホルモンの役割は小さいというのが偽らざる現実です。

 

しかし、高齢者においては、男性ホルモンを補充することで、性欲の促進や、夜間睡眠時勃起現象(nocturnal penile tumescence)の増加など、一部の性機能が改善しただけでなく、ボケの症状である見当識障害の改善が認められたという報告もあります。

 

男性ホルモンについては、性機能に関する領域だけでなく、まだまだ検討すべき課題はたくさんあるのです。

 

少なくとも、大方の男性にとって、性力・勃起力が衰えてきたからと言って、宣伝文句に見せられて、男性ホルモン配合された強精剤を使用しても、気分的な効果は以外はそれほど効果を期待することはできないでしょう。